髪の毛と頭皮の紫外線ケアについて

顔や身体の紫外線対策は意識されると思いますが
髪の毛や頭皮に当たる紫外線はどうでしょうか?

太陽の熱を浴びて、髪の毛も頭皮もダメージを受けています。

現在、髪の毛の紫外線カット(UV)に対する検査機関がないため
髪の毛へのSPF/PAの数値を表すものはありません。

市販されている日焼け止め製品で
SPF/PAが表示されているものは身体の紫外線カット(UV)の検査を行っているので
顔にも身体にも使えます。

髪と頭皮の紫外線対策で身近に出来ることは

■日傘や帽子で紫外線を避ける
■分け目を変えて、ダメージを分散させる
■浴びてしまったら紫外線ケアを行う

などがあげられます。

 

■日傘や帽子で紫外線を避ける


日差しの暑さ対策でも有効な「日傘」と「帽子」
これは、暑さにはかなり有効ですよね!
使っているときと使っていないときでは
暑さに対する体感がかなり変わります。

顔や身体への紫外線対策と同じで
紫外線(UV)カット機能を持った日傘・帽子で守ることで
同時に頭皮と髪の毛も守ることができます。
日傘は地面や壁からの照り返しを考え、内側が黒いものがおすすめです。

■分け目を変えて、ダメージを分散させる
こちらは頭皮へのダメージ分散になります。
むき出しの部分を変えることで分散させられます。

■浴びる前、浴びた後には紫外線ケアを行う
頭皮も顔と同じ皮膚で出来ているため
同じように乾燥したり、ターンオーバーがあります。
紫外線(UV-B)は、肌のごわつきや・肌の水分が減り、肌荒れ状態の原因にも
なると言われています。
そのため、頭皮にも顔と同じように保湿ケアが望ましいと考えます。

元気な髪を育てるためにも、頭皮ケアはとても大切になります。
さらに痒みやフケなどが気になる方にも保湿ケアはおすすめです。


■べたつきの少ないもの
髪の毛がべたべたしてしまうのを防ぐためにも、べたつきが少ないもの選ぶ。

■エタノールが入っていないもの
アルコール成分は刺激があるため、頭皮や髪の毛を痛めてしまう可能性が。
特に肌の弱い人がエタノールが入っていないものを探してみてください。

以上のような化粧水は、特に頭皮にも髪にも優しいのでおすすめです。

 

髪の毛には、ヘアオイルなど水分を逃さない対策をして
パサつきやごわつきをを防ぐのも有効だと考えられます。

夏場の髪の毛や頭皮が気になったら、ぜひ参考にしてください。

 

他にもこんな記事が読まれています。

無添加スキンケアとは
日焼け止めSPF・PAの数値とは?

人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ