☆UV CARE☆

こんにちは!
段々と夏が近づいて来てますね。

 

夏の暑さと日射し、蚊は苦手ですが、花火大会は楽しみな夏。

今年は災害の関係で開催しない地域もあるようですが
開催する場所ではチャリティー活動を行うようです。

さて。 前回 『紫外線』 について書きましたが
本日は紫外線ブロックに関して書きたいと思います。

もちろん、ご存知だとは思いますが、日焼け止めはお肌を守るとても重要なアイテムです。

 

それも夏に限ったことでなく1年中、
365日(じゃなくても・・・) ほぼ毎日の紫外線ケアはお肌へのダメージも否めません。

スキンケアの中でも紫外線防止成分が一番お肌に負担をかけると言われています。
けれど、紫外線からお肌を守らなければ
どんどん角質層の水分は奪われ肌老化現象が起こる。
ただでさえ、歳を重ねるにつれて肌細胞の衰えが起きるというのに
さらに肌老化を早めてしまうなんて、、、 絶対にイヤですよね。

だって、いつまでも若々しく見られたいもん。

若々しく見える女性って、やっぱりお肌にハリがあってツヤツヤですよねぇ♡

水分と油分のバランスを上手に取って、内側からの弾力を保てているからでしょうね。

お肌を無駄に乾燥させないためにも
保湿力のある日焼け止めを選びましょうね。
その見極めとなる一番簡単なものは

「紫外線吸収剤不使用(フリー)」 と書かれているもの。

紫外線防止成分は主に2つ。

■ 紫外線吸収剤
■ 紫外線散乱剤

紫外線吸収剤というのは紫外線が皮膚へ入っていくのを防ぐ役目をしてくれます。
それならいいじゃん♪と思ってはダメですよ。
紫外線を吸収した吸収剤は熱や赤外線などのエネルギーに変化するという
特性を持っていて、この化学反応がお肌に負担をかけることになるのです。

 

吸収剤は油分を使って化粧品に配合されるため酸化しやすいということもあり
これが原因でお肌に赤みやかぶれとった症状が現れることがあります。

心当たりのある方は使っている日焼け止めの成分をCHECK!CHECK!

では、紫外線吸収剤の代わりとなる もう1つの成分 紫外線散乱剤。

こちらは主に酸化チタン酸化亜鉛が使われ物理的な仕組みで

紫外線を反射させ、皮膚への浸透を防ぎます。
酸化チタンや酸化亜鉛は天然ミネラルであるため
お肌への負担が少ないのが特長です。
酸化亜鉛には収斂作用や消炎作用があるため

皮膚保護薬の軟膏として使用されてもいます。

酸化チタンと酸化亜鉛は光の屈折率が高く 紫外線をバランスよく散乱し
紫外線防御効果に優れているので、お肌にやさしい日焼け止めとして

市場に出まわっています。

日焼け止めを選ぶのに悩んでいる方は
「紫外線吸収剤不使用(フリー)」 と記載されているもの

成分表示に保湿成分と記載されている原料が配合されているものを
選ぶようにしてください。

SPF値は20程度で大丈夫です!

適量が塗れていない場合(薄く塗られている)

UVカット効果が20~60%程の効果しか発揮されていないようです。
重ね塗りをして しっかりと紫外線をブロックしましょう!

お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ