アトピー慢性化の仕組み

アトピー慢性化の仕組み解明 = たんぱく質沈着が原因 ―佐賀大など
アトピー性皮膚炎が ダニなどの原因物質を身の回りから取り除いた後も すぐに治らず
慢性化する仕組みを 出原賢治佐賀大教授らの研究チームが解明し 米医学誌に11日発表した。

研究チームは、患者の皮膚を分析。

アレルギーの原因物質が体内に侵入すると 免疫細胞が働いてかゆみが生じると同時に
たんぱく質「ペリオスチン」が大量に生成されることを突き止めた。

ペリオスチンが皮膚組織に沈着すると 免疫細胞がさらに刺激され
かゆみが生まれる悪循環が起きることも分かった。

原因物質を取り除いてもペリオスチンの沈着が続き、症状が慢性化するという。
現在の治療法はステロイドの服用などで免疫を抑制しており
感染症にかかりやすくなる副作用がある。今回の発見で
ペリオスチンを狙い撃ちする副作用の少ない薬の開発が期待できるという。

<Yahoo!ニュースより>

 

素晴らしいニュースですね。 アトピーで悩んでいる方々へ
1日も早く良いお薬が出来ると良いですね!

サプミーレをご利用のお客様でも アトピー皮膚炎の方は多いです。
サプミーレで治るわけではありませんが お薬と併用して使える化粧品として
ご利用頂いています。 お肌が荒れてしまっている時こそ 完全無添加の化粧品を使って

優しくスキンケアをしましょう♪

 

では 今日も1日頑張ります。

お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ